神の島 琉球RYUKYU

豊かで不思議な沖縄の「今」をお伝えします the journal about rich and mysterious Okinawa today

北ぬ方御嶽

f:id:ryukyufun:20200906163233j:plain

丘の頂上に神々が鎮座している北ぬ方御嶽


沖縄本島の本部(もとぶ)山里には2015年、神人(かみんちゅ)渡久地十美子によって開かれた北ぬ方御嶽(にぬふぁうたき)があります。
長年に渡り霊障や生魂(マブイ)落ちで悩む人たちを助けたり、乱開発で苦しむ土地の神々を救い上げ昇天させてきた渡久地さん。
神々から再び地上に降ろして欲しいという願いが来たため、神々が鎮座できる地を求めて、沖縄本島をくまなく探してきました。そしてこの雨水や地下水によって石灰岩が浸食された独特のカルスト地形の国立公園にたどりついたそうです。
この御嶽には「健康」「商売」「学問」「芸術」「縁結び」「子宝」「家庭繁栄」「スポーツ」など、様々な得意分野を持った神々が降臨しているので、願い事を唱えに来訪する人も多いようです。

虫の声しか聞こえない静かな環境で、たくさんの蝶が飛びかう不思議な場所です。蝶は霊魂の象徴とも言われますね。

 

私は以前、別のかみんちゅさんと聖地廻りをしたことがあります。そのとき、自分の魂の由来を教えてもらったのですが、「台風」だと言われました。確か台風の晩に生まれたので、符合にびっくり。そして、わりと周囲を突風で引っ掻き回す、吹き散らかすお騒がせな性質を自覚しているので凄く腑に落ちたものでした。