神の島 琉球RYUKYU

豊かで不思議な沖縄の「今」をお伝えします the journal about rich and mysterious Okinawa today

映画

ヤン・ヨンヒ監督「スープとイデオロギー」

愛あるところは棲みやすい 韓国の済州島(チェジュド)は日本に近い美しい島。観光リゾートとしても人気です。 この静かな島で韓国史最大のタブーと言われる、島民数万人が虐殺された「済州4・3事件」がありました。 1945年日本の敗戦後、朝鮮半島は北緯38…

映画「標的」

増殖するぞ~ 大石林山 1991年に元慰安婦の韓国人女性の証言を世界で初めて報じた朝日新聞記者、植村隆さん。 なんと20年以上も後、安倍政権の2014年になってほじくり返され、櫻井よしこなど日本会議系勢力による凄まじいバッシングを受けます。「捏造記者」…

映画「食の安全を守る人々」

道端で採れたパパイヤだが、除草剤は実に溜まりやすい 最近、めっきり胃腸が弱くなったと感じます。頭痛も増えました。何か悪いもの食べたのか。水や空気など環境のせいなのか。 沖縄は米軍基地が多数あり汚染物質放出し放題のため、環境中のフッ素化合物PFO…

大島渚監督「儀式」

森喜朗家父長に威嚇された谷口真由美さん 大島渚が1971年に撮っていた「儀式」という映画を観ました。 戦前から(たぶん明治から?)蔓延り、今も日本全体を支配する「家父長制」という病を、元戦犯が当主をつとめる地方の旧家をモデルに描いています。一族…

ドキュメンタリー映画「ザ・モール」

中央公民館はかなりボロボロで崩壊寸前 沖縄は芸能のさかんな地域。今日は那覇中央公民館で琉球舞踊家による伝統芸能の講座がありました。 ワクチン接種した人に接すると体調が悪くなるという噂がありますが、不特定多数の人々と同じ部屋に数時間滞在すると…

くじらびと

今週のお題「お気に入りの靴下」 瀬底島のビーチ 石川梵監督のドキュメンタリー映画「くじらびと」を観ました。 インドネシアのラマレラ村では伝統的なくじら漁が行われています。小さな岩盤の島なので畑が作れず、村人の主食はくじらやマンタに頼っているの…

野党中傷アカウントdappi

沖縄はまだまだ花盛り 今週のお題「お風呂での過ごし方」 沖縄は年間通して暖かいせいか、湯船に浸かって温まる習慣があまりないようです。ホテルやアパートでもシャワー設備のみが結構あります。 夏は湯船に浸かるなら海に浸かる方が気持ちいいかな? 今年…

「A」と「A2」

中国伝来の土地神様を祀る瀬底土帝君(せそことていくん) 瀬底島 森達也監督のオウム真理教教団に取材したドキュメンタリー映画「A」を観ました。それまでの教団情報を覆す衝撃的な内容だったので、「A2」も続けて観てしまいました。 麻原彰晃のような胡散…

映画「ジュリアン」「ガンモ」

南国の葉っぱは、絵に描いたように個性的 ハーモニー・コリン監督「ジュリアン・ドンキ―ボーイ」と「ガンモ」を観ました。 「ガンモ」は監督第一作。70年代半ばに竜巻にあって吹き飛んだオハイオ州のジーニアという町が舞台。ハンディカメラで撮ったような粗…

映画「野良人間」

メキシコでは誘拐や行方不明になる子どもたちも多い・・・ アンドレス・カイザー監督「野良人間」を観てきました。 30年前メキシコの山奥で見つかった野獣のような3人の子どもたち。森に捨て子にされたのか、獣に育てられたのかわかりませんが、言葉も発せず…

46年ぶり「マンディンゴ」

「風とともに去りぬ」の裏歴史を彷彿とさせるチラシ 1975年作リチャード・フライシャー監督「マンディンゴ」がリバイバルしてたので観てきました。公開当時はリアルすぎて過激な内容のためセンセーションを巻き起こしました。アメリカ人にとっては黒歴史なの…

アンドロイドだった私

沖縄そばにはジューシー(炊き込みご飯)付きが多いです 副反応で死者続出のワクチンを打つべきか、打たざるべきか。そもそも新コロウイルスは経済活動をストップしてまで恐怖を煽るに値するものなのか、否か。政府やマスコミを通して世界をコントロールしよ…

「生きろ 島田叡―戦中最後の沖縄県知事」

桜坂劇場で突然、上映後に佐古監督のトークイベントが。予告なしなのが沖縄っぽい 佐古忠彦氏はTBSのキャスターとして記憶していますが、最近では「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」のドキュメンタリー監督として沖縄戦後史に切り込んだ手腕が注目…

黄インイク「緑の牢獄」

人間て大変よね かつて西表島には炭鉱があり、そこには台湾人が連れてこられて働いていたそうです。 黄インイク監督のドキュメンタリー映画「緑の牢獄」を観ました。 ジャングルのような西表の厳しい環境にある炭鉱での生活は、別名「緑の牢獄」と呼ばれます…